welcome to home
巡る島

 

paysan

12月 営業日

 

 

 

 

2016年5月より営業日が変わりました。
これまでの
週2日の営業 週3日の営業
となりますが
中日の土曜日は喫茶のみ11時〜の営業です。
詳しくは上記カレンダーのとおりです
どうぞ宜しくお願いいたします。

 

 

 

 

強烈な晴れ女集団でお馴染

しましまネット2度目の研修旅行

小豆島へ行ってきました。

研修旅行と言うと

カッコ良過ぎますので

クラフト市場の打ち上げ旅行

という方が相応しいですね^^

 

 

 

 

 

メンバー4人がこの旅で望むこと

それは『上げ膳据え膳』

皆、なが〜〜いこと

主婦してきましたからね(笑)

望むことはただそれだけ!

そして少し贅沢を言うなら

部屋に露天風呂が付いてるってこと。

いつもながら思いつきで

急遽皆で探したプランでしたけど

ありましたとも!

しかも部屋からは潮の満ち引きで

現れるエンジェルロードが

一望できました。

 

 

 

 

そして、つ・い・でに観光も。

しかしこれもいつもながら

私達が興味持つものは

植物や食べる事ばかり(笑)

気が付くと木の実を拾ってたり

なかなか帰ってこない

メンバーを探すとオリーブの育て方を

庭師の方に聞いていたり。

でも本当に小豆島に降り立った時から

それは見事にオリーブの木だらけ!

垣根にも街路樹にも勿論、畑にも。

そして美しいキラキラ

 

 

 

 

 

 

一番滞在時間が長かったのが道の駅。

道の駅のイメージと言えば

地元野菜やお土産

賑わう食堂があるイメージ。

それが 小豆島オリーブ公園 では

統一された地中海を思わす

白い建物がオリーブ畑の中に

点在する素敵な公園でした。

同じ島暮らしをしている私達には

この度の旅も本当にいい刺激でした。

そしてまた

「私たちにしか出来ない楽しいこと」

新たな企みを抱きながら

短い旅を終え帰って来ました。

 

 

 

 

さあ!そして現実(笑)

あっという間に庭のモミジが

真赤に紅葉し、冷たい北風が吹き

散りはじめていました。

上げ膳据え膳の夢のような旅は

あっという間でしたけども

こうやって見ると現実の世界も

そう悪くはないかな〜と。

 

 

2015’ リース <bifo>

 

矢印

 

2015’ リース <after>

 

 

去年、裏の浜辺で実っていた

トベラの実でクリスマスリースを作り

実が弾ける前と、弾けた後で

二度楽しめたので

今年も同様で作ろうと

山葡萄のリースを作った時に

一緒に寄せていたトベラリース。

山葡萄リースに夢中になり過ぎて

すっかり後回しにしていたら

全ての実が弾けきっていました(笑)

 

 

 

 

 

種がネチネチでどうしようもないので

半分以上とって殻だけを残し

小豆島で夢中になって拾った楓の実と

庭の植物をかき集めて寄せてみたら

ほとんどトベラの存在消えちゃってるし汗

ま、これはこれでクリスマスっぽい?

 

 

 

 

今週のパンプレートランチは

ピザトーストがメインです。

石窯ピザとは全く違う

昔ながらの喫茶店の

ピザトーストを定番メニューでも

ございますので

ぜひ喫茶ペイザンでお試し下さい むっつり

 

 

paysan facebook
http://www.facebook.com/paysan2007

paysan instagram

 

 

仲間たち 01:21 -
潮風の思い出

 


今年の夏はどうしたことか
大きな台風が去って、ほっと一息と
いきたかったところに
それより更に激しい大雨が各地で次々と降り
台風よりよっぽどタチが悪い
広島でも大雨による大災害
誰が昔からある大きな山々が
一気に崩れ落ちると思うでしょう?
やはり何かしら、記録的とか、異常気象とか
連日言われるように、地球の生態系そのものが
おかしくなっているとしか思えない…

今の私たちにできること
他人ごとではない危機感だけが
積もるこのごろです。





そんなお天気の危うい
先日のお盆営業には、急に降りだす雨の中
沢山のお客さまにお越しいただき
出会いに再会にと、賑わいを見せた
楽しい営業日となり
本当にありがとうございました。







そして私たちも、島の友人たちと
今年初の海水浴!
ボート遊びやサーフィン(SUP)
近頃、生活を楽しむことは考えていたけど
ただ『遊ぶ』ってことを、すっかり忘れておりました。
それぐらい楽しかった海遊び
久々に泳ぐカイサンのドヤ顔にも
笑かせて貰いました^^



「くるくる回るのはなんで〜??」






やっと岸へ 「どいて、どいて〜〜〜



私はいつもながら
足をつける程度にと思っていたのが
あまりにも皆が板の上に乗って
楽しそうなので、勇気を振り絞って
一番幅の広いボードに乗ってみたところ

イカダに乗ってる感じで、舵取りが
た、たのしいかも・・・♪

もちろん座ったままで、立つまでには至りませんが
今度はちゃんとライフジャケット着用で
沖の方まで行ってみたくなりました。
超怖がりの私には、かなり快挙なことでして(笑)
冒険心って、こんなところから
生まれるのですね (大げさな:Q)





そして我が職人の冒険も続き
ずっと焼きたかったパンが実現しました。

有機栽培の北海道産
小麦粉(春よ恋)100%の
食パンです!
塩も沖縄の糸満沖合から採取した
海水100%で作られた海水塩
もちろん酵母はおなじみ
有機レーズン酵母です。

粉が変わると、こんなに違うものなのですね!
食感が天然酵母なのに軽く
ハードで香ばしいので、スープやお肉料理など
お食事パンにぴったりだと思います^^
オーガニックブレッドとして
9月よりHPと共に店頭販売いたします!
ぜひ、お試しくださいね。





paysan facebook
http://www.facebook.com/paysan2007

仲間たち 18:17 -
秋空の下で



台風一過が去った穏やかな秋晴れ
クラフト市場 無事幕を閉じる事が出来ました。
今年のテーマは カフェ&クラフト
趣旨にそって、主催側も出店者側もお店作りに
意気込みを感じました。
その甲斐あって、出来るだけ沢山設置させて貰った
テーブルセットには、最後までお客さんが絶えることなく
ゆっくり腰を掛け楽しまれている様子が伺えて
ご来場者も年々増えて昨年より500人ほど多かったとか。
島の人、島外の人、東京からも、わざわざこの日のために!
幅広い客層で、何色にも染まる理想的な市場を
いつも夢見ている私達・・・
現実に近づけたことが本当に嬉しいです。





主催者は私を入れて4人+それぞれの夫4人(笑)
それ以外にお手伝いして貰っている友人を入れても
10人ちょいで、平均年齢も高く
年々労働がキツくなってきた現実が
そこで!
いつも部活などで一日居ることの無い息子達に
ダメもとで、聞いてみたところ!まさかの丸一日オフ!!
ついでに夏に海水浴で来た陸上部の友達にも聞いて貰うと・・
「ペイザンのパンが食べれるなら行く♪」とのこと^^
なんて、可愛いボーイズなんだろう♡
(親バカですみません)

せっかく皆が揃うならとスタッフの縫い子が作ってくれた蝶ネクタイ!
それに合わせて、皆に頼って貰おうと
100円ショップで帽子を!その二つだけを支給して
後は白いシャツに黒のカーデガンを統一するようお願いしたら
前日から「これでどや?」とみんなで写メを送り合って打ち合わせ。
なんて、なんて、可愛いボーイズなんだろう♡♡
(いや、ほんとすみません)







そこで命名しましたチーム名【しましまボーイズ】
まさかチーム名までつけられて
ガンガンこき使われるとは思いもしていなかったでしょう(笑)
けど、嫌な顔するどころか皆
メチャクチャ楽しそうにボランティアしています!

出店者の搬入のお手伝いに後片付け
来場者のゴミの回収に、お店の呼び込み
焼き菓子の売り子などなど^^
ボーイズが売りに出ると、売り切るまで帰ってこない。
そしてよく売れるんだこれが^^
後で息子に聞くと、合言葉は【笑顔】だったとか。
なんて、なんて、なんて可愛すぎるボーイズなんだろう♡♡♡
(もう親バカ止まりません)

さすが!部活で鍛えられてるだけ有って
礼儀正しく、根気よく、なんといっても足腰強い!!!
老体のスタッフ一同には何より助かりました^^
今後のクラフトも
子供達のスケジュールに合わせて開催日決めないと(笑)




http://www.q-paysan.com/shop/pindex.html


さてさて!
11月より販売開始しました新作、緑茶パン!
抹茶パンと呼びたいところですが、あえて緑茶。
それは、抹茶より香りが高く、ほんのり苦みが癖になるからです^^
メロンパンに、あんパン、ブレッド!
それぞれの美味しさを楽しんで頂けると思います。
是非この機会にお試しを!





クラフト市場の様子を
paysan facebook と shima2netブログにて順次紹介します!
覗いてみて下さいね。

shima2 net
http://shima2net.jugem.jp/

paysan facebook
http://www.facebook.com/paysan2007
 
仲間たち 23:28 -
春はいろいろ

 


春はpaysanのパンにとって
最も酵母が元気になる季節
湿度と気温と職人の気持ちが
いい塩梅に交わるんでしょうかね!
職人Qがあらゆる場面で踊ってる姿が見られるのも
この時期です・・よっぽど嬉しいようで





そして3月と言えばホワイトデーですが
毎年バレンタインに二人の息子達は
『義理チョコ』を沢山もらってきます。
今は友チョコどころか、異性からも貰ったりして
フレンドリーなのはとても喜ばしい事なんだけど
もし、その中に本命が有っても分からない
私達の頃は、義理と言われても
照れ隠しとかで怪しいものだったけどな〜
まっ、よ〜するに!
来年からは自分たちでお返しどうにかしなさいよっ
って話です!返すの大変過ぎ




それはさておき、皆さま!ご存知でしたか?
大三島にある今は休業中のカフェ・ルフージュが
 Rufuge _entrepot (アントルポ)
 倉庫と言う名の焼菓子店を駐車場横の小さな倉庫にて
オープンしているのです!

Rufugeこと山田ファミリーとは
Rufugeとpaysanは、同じ年に開業し
その開業日に出会って以来の友人です。
そのころの記事いろいろ→ Rufuge story

 先日遊びに行ったら丁度仕込終了後。
「もうすぐ誕生日だよね」
と、焼き菓子にニクイ演出をして待っていてくれる。
そ〜なんですよね・・ ご存知の方も多いでしょうけど
彼女の作るお菓子は優しい思いが詰まった
どれも真心たっぷりで、めちゃウマです。
 paysanの前に?帰りに?(笑)
また昔のようにぜひ、梯子してくださいね!
 
そして!
今年秋ごろには cafe Rufuge も再開予定なんですよ!!
楽しみですね♪
 



Rufuge _entrepot
(アントルポ)
愛媛県今治市上浦町瀬戸2752
0897‐87‐3730
open
毎週土曜日11:00‐16:00
http://caferufuge.michikusa.jp/index.htm


***


paysan facebook
http://www.facebook.com/paysan2007
仲間たち 21:51 -
匠の技は太平につづく


さてさて前回に引き続き
和歌山県で開店させた友人のケーキ屋さんをご紹介!
もう開店して3年目を迎えるのですね〜
「必ず行く〜〜」って豪語してから
随分経ってしまいました
その時の記事はこちら→「匠たち」





お二人との出会いは阪神大震災直後の寒い冬
西宮市甲陽園にあるケーキ屋さん(ツマガリ)に
アルバイトで務めた時でした。
厳しい職人の世界と、心から持て成す接客の技を
当時、工場長と販売店長だった
ちなちゃん夫妻から学びました。
長い修行を経て、彼女の里である和歌山県にて
念願のお店を開店させたわけですが
この二人の事に関しては、始めっからなんの心配も無く
逆に繁盛店にならない訳がない!!
とまで思っておりました^^
そして、そのとおりの評判のお店に!

お邪魔した当日
二人には何も知らせず突撃訪問
すると、あまりの驚きぶりと同時に
泣きながら歓迎して貰えて・・
何十年かぶりの再会だったけど
改めてこの人の情の深さにまいってしまいました



キルシュdeショコラ
正に酔いしれる美味しさ〜*+



昔、ちなちゃんが語ってくれた
言葉が今でも心に残る。

「自分達には流行に乗っかれるセンスは無いけれど
ただ純粋に美味しいお菓子を作れる自信がある」

それだけで十〜分ではないの!!
オシャレなお店は沢山あるけれど
自信と真心が伝わってくるお店を探す方が難しいですよね!

和歌山滞在中、二日も通い、その間にアレも、コレもと
焼き立て菓子を食べさせて貰って
まるでグルメリポーターになった気分〜♪
疑う余地も無く、生ケーキも焼き菓子も
どれも間違いなく美味しい!そしてバレンタインにと
持たせてくれたチョコたちの美味しさにも脱帽でした♡
匠の技、間違いなくココにあり!だけど・・・
正直、近所に無くてちょっとホッとしています
だって、間違いなく毎日食べて、とんでもなく
肥っていただろうから


こうして、2泊3日の食い道楽の旅は
ヨガで痩せた努力もむなしく、しっかり身となって
帰路に着いたのでありました。


ケーキ工房 匠・太平
和歌山県岩出市中島639−4
TEL 0736-67-7885
FAX 0736‐67‐7886
am9:30-pm19:00/水曜日定休



フロランタンケーキ
http://www.q-paysan.com/shop/furorantan.html


ホンマモンのケーキ屋さんを
紹介した後でなんですが
今月より石窯焼きフロランタンケーキ
発送開始いたしました。
沢山のご注文誠にありがとうございます!

鉄板一面でザックリ焼き上げるアーモンドケーキ
サイズにカットしていると必ず切れ端が出ます。
それをハイエナのように狙う我が一家ですが
この度も、アーモンドの香りと香ばしさ
バターのしっとり感がたまりませんでした
バレンタインのお返しに
自分へのご褒美に
家族時間の至福のひと時に
是非この機会にお試しください*


paysan facebook
http://www.facebook.com/paysan2007

仲間たち 23:08 -
誠実な思い


paysanの故郷、
ドーシェルのある和歌山県への旅
今回の一番の旅の目的だった
友人が開店させたふたつのお店

1件目はドーシェルで共に働いていた
以前にこのブログでも紹介したことがある
サカタンファミリー(その時の記事
私達が和歌山を離れてからさらに約10年あまり?
ドーシェルに務めていた二人ですが
念願かなって昨年秋!
カフェ LIFE がopenしました。

街の中に根付いたカフェを地元でしたいと
気持ちを聞いて、私達とは全くスタイルが違うこともあり
たいしたアドバイスも出来ないままでしたけど
実際行って、会って、食べてみて
な〜〜んの心配も要りませんでした(笑)





思わず心配してしまうほど
謙虚にアドバイスをひたすら求める姿勢
その素直で前向きな人柄が、全てに反映していて
雨の降る平日だというのに
途切れること無く訪れるお客さんにもうなずけます。

LIFE専用に焼かれるドーシェルのパンも
焼き立てか!?と思わすほど香ばしくも柔らかく
こぼれんばかりの沢山の野菜たちも
オリジナルソースが、良いさじ加減で行き届き
口の中でちゃんとバランスよくおさまり
そこまでに至る努力のストーリーを聞くと
尚更納得がいく美味しさでした。





そしてサカタン自ら焼く焼き菓子も
ドリップしていれるオリジナルブレンドコーヒーも
どれも丁寧で誠実な思いが伝わってくる
これって全くドーシェルランチに感じる思いと同じ!
そうなんですよね
ただただ、誠実に『美味しいと思うものを作る』
お金を払って食す者には、それだけで十分だと思うのです。
当たり前のことのようだけど
今の世の中に一番欠けていることのようにも・・・。


和歌山に希望の★がまたひとつ増えた!
そしてもうひとつ希望の★のケーキ屋さんが!!
それは次回にでも^^


LIFE
和歌山県紀の川市下井阪455−3−102
0736-78-3550
am10:00-pm18:00/火曜定休
lifekinokawa@iris.eonet.ne.jp





フロランタンケーキ
http://www.q-paysan.com/shop/furorantan.html



すっかり宣伝癖が付いてしまった私
paysanのバレンタインにブラウニーなら
ホワイトデーにはフロランタンケーキです!
こちらもブラウニー同様で1年ぶりの登場
実は昨年、ブラウニーより人気があったことに驚きでしたが
こればかりはお好みですけど
私も実はこっちの方がより好きかも・・です
先日ホームページより販売を開始して
早くも沢山のご注文を頂いておりまして
本当に嬉しい限りです!
アーモンド好きにはたまらないですよ^^
是非お試しくださいませね。


paysan facebook
http://www.facebook.com/paysan2007



仲間たち 00:09 -
慈しむ心

 昨年より病み付きになりだした一人旅
この度も、paysanの故郷
師匠の待つ和歌山県は紀美野町にある
ベーカリーテラス ドーシェル 
行ってまいりました!

ドーシェルに夫婦で勤めていたのは
かれこれ12年ほど前にさかのぼります。
ドーシェルファミリーとは西宮にいる時からの友人で
田舎暮らしに興味を持ち出したころ
パン屋という職業にまったく興味が無かったのにもかかわらず
「何かのきっかけになれば」と、お誘いを受けました。
それが今では “こってこて″ のパン屋をしているのですから
人生って本当に分からないものですね^^;



戸田家のいつもの食卓
美味しすぎて・・箸が止まらなかった。



和歌山に来たかった動機は
お店を開店させた二組の友人を
訪ねたかったから。
そのお話も追々ゆっくりと紹介させて貰うことにして
まずは、私にとっては実家のようにも思える
ドーシェルオーナー戸田家を紹介いたします。
この度の寝ぐら、戸田家に転がり込み
まったく、どこまでも、遠慮の無い厚かまし〜い私だけど
温かく迎えてくれるものだから、ますます調子漕いで
とことん甘えまくってしまいました。

昔も今も全く変わらない戸田夫婦
どんな時でも飾らない、のんびりした人柄が
人をほんわかと包み込んでくれる。
けれど、生きる姿勢に ピン!っと
何本も筋が通っているものだから
パンを通して訪れる者に多くの影響をもたらしてゆく
私達はまさにその第一号!
ドーシェルで勤めていなければ
今の私たちは全く違った人生だったに違いないのです。

食材や自然を慈しむ精神
仕事の全ての業務にその配慮を見つけることができて
経験者は、とことん環境に配慮する洗剤やごみの分別に驚き
未経験者は、他で勤めた時、初めてその違いに驚きます。
それらを大きな声で言わなくとも
当たり前にこなすその静かな姿勢が
大きな声となって優しく人の心に響いてくるのです。





私達が離れて12年もたった今でも
その姿勢も人柄も、お店の空気にスタッフも!
なんにも変らないことは言うまでも無く
でもパンやカフェメニューは進化し続け
訪れるご常連さんを楽しませてくれています。

人里からかなり離れたみかん山の天辺に
平日のとびきり冷え込むこの日でも
ひっきりなしに訪れるお客さん。
この光景も12年前と変わらず、この光景を始めて見た時
どんなところでも、美味しければ
お客さんは来てくれるのだという事を
学んだことも思い出しました。

パンもお店も、そ・し・て オーナーも
全て天然素材(笑)
是非、訪ねてみて下さい!
プチ旅行気分になれますよ





さ〜って!
原点を訪ねて帰って来た仕込みの日
先日登場したアオリイカのピザ
有難いことに売り切れとなりましたので
次は、ドーシェル伝授の自家製
ベシャメルソース(ホワイトソース)入りの
ベーコンときのこのピザ!
今週よりはじめます。

(このべシャメルは、食堂みつばちの
クロックマダムにも使用しています!)





ピザソース

ベシャメルソース

無農薬きのこのソテー
(エリンギ、しいたけ、しめじ)

鎌倉ハムの無添加ベーコン

2種類のチーズ
(よつ葉シュレット、フェタ)


の順に乗ってまして
プリプリ、まろやか、ジュ〜シ〜で
ガッツン★(どんな表現やねん・・・ by.Q)
と、くる美味しさですよ〜
是非ご賞味下さいませね♪



paysan facebook
http://www.facebook.com/paysan2007


仲間たち 23:26 -
突っ走る

行ってまいりました
息子の駅伝の応援に広島まで!
この度は、我が家と両親以外に
しましま&みつばちファミリー
学校関係者や保護者の方々も
手作りの横断幕を携え応援に駆け付けてくれていました。
そしてテレビの前でも沢山の方に応援して頂いてたことを知り
なんて、幸せ者な息子だろうと
感謝の気持ちでいっぱいになりました。



photo by andrew & yuko


そんな皆さまの声援が届いたのか
12位で1区からタスキをもらった2区の大地は
6人を追い抜き、6位で3区にタスキを渡すことができました。
しかし彼の目標は高く、区間上位を狙っていたので
悔いは残ったようだけど
相変わらず、何事も楽しむ息子だけに走っているときは
辛そうな表情はしていたものの、どこか楽しそう・・
案の定 「めちゃくちゃ楽しかった〜!」 とのこと

ワンセグの小さな画面で中継を見ながら
沿道で息子が来るのを待つ私達一同
走り去るのは一瞬なので
シャッターチャンスも逃せない!
だけど・・やっぱりほとんど撮れなかった
掛け声かけるのに必死で、それどころでは無かったのです





しかし、違う角度から友人が撮ってくれていたので助かった〜

そこで気が付いた!?

1区の先輩と一緒に両腕にメッセージを書いていて
片方には「絆」と書いてるのは知っていたけど
写真からみつけたもう片方に書いた文字


「笑」
って、なんすか???


彼の負けてもへこたれない精神とスタミナは
生涯笑って過ごしたい!という能天気哲学?
からきているのだと確信
そして、どこか心の奥で安堵していた私でもありました。



見事な手さばきで焼いていた広島のお好み焼き
やっぱり本場はちゃいますね〜
という美味しさでございました^^

仲間たち 22:39 -
しましまタイムズNo.5!

お休みのお知らせ

10月29日土曜日 の営業をお休みします。
大変ご迷惑をおかけしますが宜しくお願いいたします。




*     *     *


しましまタイムズ
島の友人と4人で作っている、年に1度発行の島の情報紙。
A2サイズを折り加工し、表面は島で生活する方々を紹介したり
裏面はこちらも年に1度、島で開催する
クラフト市場の案内と出店者を紹介している内容になっています。



今年で5号目になるということは
発足して5年になる訳ですが
始めはA4サイズ一枚のチラシ的な感じだったのが
協賛者が増すごとに、徐々にサイズが大きくなり部数も倍増!
この度は4000枚刷ることができて
これも全て、島の方々(協賛)の支えがあってこそ実現した結果です。

そして届きました 最新号!
今から冬だと言うのに、デザインが夏使用で
これからの季節、寒そうなんですけども
1年通して見て頂けると、島の匂いがプ〜ンとしてくる
島ならではの一冊になっていて
店頭で配れば、あっという間に無くなってしまうほどなんですよ。


みつばちテラス ガラスが一部入りました!


そしてそして!
今回は、クラフト市場の会場にもなっている
大島の宮窪町友浦地区にスポットをあてていまして
食堂みつばち店長の、あっくん夫妻も友浦に移住してきましたので
みつばちのことと一緒に紹介させて貰っています。

しましまタイムズは、島中のお店で無料配布しています。
もちろん我が店にもたっぷり有りますので
両手に大きく広げ、大股開いて(それは私だけかっ
見て貰えると嬉しいです!

仲間たち 13:11 -
友情のバケツリレー

paysan夏休みのお知らせ
8月の間 お休みさせて頂きます。
最終営業日は7月30日土曜日まで
再開営業日は9月  3日土曜日からです。
大変ご迷惑をおかけしますが宜しくお願い致します。




やった!只今梅雨明けしたと
仕込中の工房のラジオから聞こえてきましたよ。
梅雨が明けたらで、暑い夏がやってきますけど
それでもあのカビ臭い、カイ臭い(かわいそっ)ジトジトから
逃れられるのかと思うと嬉しい〜!
それに、梅雨が明けないと何も進まなかった
新たに食堂を開店する為の増築工事。

店名は
 食堂みつばち

名前のごとく、みつばちが巣(食堂)へ
美味しい蜜を集めてくるようなお店にしたいからなんです
もちろん私が経営する訳なので、食堂と言う限りは
「飯」になるものをお出ししないといけないのですが
私は料理人ではないので、自信を持ってお出しできるのは
やっぱりpaysanのパンを使ったパン飯しかない^^;
ハンバーガーに、ホットドック、ブルスケッタにクロックマダムets...
パンに合う、海の幸をふんだんに使ったパスタや
スパイシーなカリーもいいな〜♪♪










臭男!
全身シャンプー(とても嫌い)
覚悟して!!

ですが、パン飯はほんのおまけメニューってことにしたい。
ここ大島が有る瀬戸内海は食材の宝庫中の宝庫!
なぜ、専門のレストランテが存在していないのか不思議なぐらい
海の幸、山の幸、果物が本当に豊富。
そんな当たり前に食べられる食材を生かした
シンプルな島飯を食べて貰えたらどんなにいいだろ〜
と、日頃より島の仲間たちと話していたのです。
仲間達の得意とするものを集めた
1品をいろんなかたちでお出しできたらと、、、
そして、島の食材を使った専門料理を提供してくれる方達。
これからお店を出したい人
引退したけど交流を楽しみたい人
本気で島の移住を考えている人などなど・・
プロ、アマ問わず、いろんな方に利用して貰えるスタジオになったら
どんなに素敵だろうな〜って、
一人妄想してはニヤニヤしているしだいです



そして今年もこの長雨で裏の畑の土砂が崩れました
丁度去年の今頃にも崩れて、家族総出で修復工事をしましたが
今度はその直した隣の部分が
「さっ!食堂の改築工事を始めよう」
と思った矢先の出来事。
なかなか明けない梅雨の晴れ間を見計らっての工事開始!
すると 「みんなですれば早い!」  と
ずっと心配してくれていた島の仲間達が、
家族総出で手伝いに来てくれました
重機が入らない土地なので、ひたすら土砂を運び出すしかなく
上からも下からも、スコップで砂をバケツに入れて
上の畑の奥にかやす・・ひたすらその繰り返しで
なんと!1日たらずでほぼ修復完了したんですよ!!



沢山の手が有ってこそ成り立つ作業だということを
実感したバケツリレー
こんな風に手と手が助け合う光景に、たまらなく感動してしまう。
出会い方を間違えれば、きっとお友達になれていない
立場の偉い人や、老若男女関係ない対等な友達
バカな冗談をいいながらも、楽しく互いを助け合い生きている
そんな仲間たちが、とても、とても誇りです。

十人十色の仲間達と共に
笑いの絶えない楽しい食堂を目指して!
さてさて 食堂みつばち は、
どんな所にあって、どんな建物なのか・・
これまた のろのろ と
開店までをリポートさせて頂きますよ!

あっ、知ってのとおり本当に のろのろ ですので
辛抱下さいませね。

*食堂開店後も パン屋paysan は、同じ窯元で変わらず営業いたします。

仲間たち 19:32 -