welcome to home
幼い頃を思い出し



すっかり朝晩が寒くなったこの頃。
先日早速夕飯に【鍋】をしました
が、体が温まりすぎて
やっぱり暑かった^^;
でもでも、これからが鍋の美味しい季節!
大好きな秋、到来です。





駐輪場に毎年、たわわに実る渋柿!
毎年食べきれないほど実りますが
渋抜きをしないといけなかったりで
なかなか手が伸びず
いつもカラスや野鳥の専用柿になってます(笑)
ところが、先日
ふらりと寄った隣人、伸さんが
その場でもぎ取って パクリ!
「え〜〜〜渋くないの?!」
と思わず。。。






それが、熟しきった渋柿は
完全に渋が抜けてるそうな!
知っていましたか??
ど〜りで再々、伸さんが我が家の柿の木に
鳥対策にネット張ったり
大事に世話をしているはずでした^^
熟した柿はあまり好きで無かったけれど
その場でもぎ立てをガブリ!といくと
それはそれは!甘くて格別なもの…♡
やっぱりなんでも先人に教わるものですね。
写真を撮っていたら
カイさんにも強奪されました^^; 





大きな台風が接近していた先日の営業日
見つけました!
毎回窓辺に花を飾る小さなデザイナー^^







パンを食べた後に一輪…
ビーチへ行った後に一輪…
ピザを食べた後に一輪…...
最後はお友達に
手伝って貰ってドッサリと!


山と海が有るだけで、何時間も
遊べる子供達はやっぱり遊びの天才!
そして感性にも脱帽!かないません…
この仕事をしていて良かったと
思える瞬間のひとつと言えますキラキラ





そして我が息子もまた
台風で家から出れない休日に久々の夕飯作り。
今晩のメニューは18番のハンバーグ!
大きな手で力強くこねるので
ジューシーでいて柔らかく
本当に美味し〜〜!悔しいけど
コレだけは随分前に完敗です(^_^;)






さらに私も負けじと18番の
玉ねぎスライスたっぷりの
チキンカツソースかつ丼を夕飯に出した日
彼はご飯だけを食べて、大事そうに
残しておいたカツを食パンでサンド!
これがなんとも激ウマなこと!!!
このシンプルな発想に
いつも助けられてるんですよね〜
カツサンド!
早速採用しようと思います^^





将来はやはり調理の道へ進みたいようで…
自由奔放に作れる今とはかけ離れた
苦労と
現実を経験することになるでしょうが
今の何の固定観念の無い豊かな感性を
生かすのも損なうのも自分次第。

大人になるということは
自由を得れると同時に
孤独との戦いでもあるように思います。
そんな時、幼い頃に育んだ
島の豊かな環境から得た五感を
フル活動して貰えたらと…
切に願う、親バカ心でございます照れる



なっちゃん、しょうちゃん
次は真っ赤な紅葉が落ちる頃、いらっしゃいね〜



paysan facebook
http://www.facebook.com/paysan2007
 
家ご飯 21:50 -
子供にかえって



春と共にpaysanも
最も賑わうシーズン。
ご家族連れのお客さんも多く、この時ばかりは
カイサンも小さなお客さんに人気者^^
裏のビーチも賑わい、気が付くと
拾ってきた貝殻や草花が窓辺に並んでます✿





そして春は雑誌などの掲載依頼も多く
新聞の掲載も承知してはいたけども
届いてみてビックリ!
まさか全国版とは思っていなかったので…^^;
日刊ゲンダイといえば
神戸で勤めている時、満員電車の中
ぎゅうぎゅう詰めの中で読んでる
おじさんを思いだします(笑)
エッチなお姉さんと一緒に載ってますがむっつり
紙面の1/3も載せて貰って有難い限り。
『田舎暮らしの本』からのご縁の
吉田智彦さんにこの度もお世話になりました
ありがとうございましたハート


朝食は外で♪ビーフシチューはお隣ちかちゃんの差し入れ!
 



子供達も春休み!ってことで
わが家に5人の高校生がお泊りしました^^
我が子を入れれば7人!
それはそれは、一日中台所で
壮絶な作業が続くの覚悟(笑)ですが
「お母さんの料理を楽しみにして来る」
な〜〜んて聞いちゃったらもう…♡
おばちゃんメロメロやん照れる

けれど、長男が大変さを察して
オムライスの卵をトロトロに焼いてくれたり
皆がオムライスだけでは足りないと言えば
(写真撮る前に無くなる速さで食べる汗
クリームパスタを作ってくれるはで
随分助かりました^^





翌日は島の体育館を借りてバスケをしました。
い・ち・お・う父も元バスケ部
高校生に交じって、張り切り過ぎ^^;
足が付いて行かなくて思いっきりコケて
青タン作ってましたけど
羨ましいくらいに楽しそうでした。
いくつになっても
無邪気に遊べるっていいな〜*




よもぎチーズお焼き
http://www.q-paysan.com/shop/kesinomiyomogi.html



さてさて!
4月より販売開始しましたよもぎパンシリーズ
新作よもぎショコラも、早くも大人気ですが
誕生4年目を迎える(笑)
よもぎチーズお焼きは、私にとって
菓子パンの中でNo.1かもしれない美味しさハート
久々に食べましたけど
よもぎの香りと共に濃厚なクリームチーズ
たまに当たるレーズンの甘酸っぱさが
アクセントになってたまらんのです〜〜〜好き
ぜひお試しくださいませね!


paysan facebook
http://www.facebook.com/paysan2007
家ご飯 17:24 -
素直にまいりましょう
10月営業日変更のお知らせ

10月27日日曜日
島のイベント【クラフト市場】出店営業の為
10月26日土曜日
営業をお休みいたします。



クラフト市場での販売開始時間
pm2:00からの予定です。
パンのお取り置き予約は承っておりませんので
ご了承願います。






いよいよコタツを出す時期♪
と、すっかり夜が冷え込みだしたこの頃
コタツの上に、みかんとせんべいとコーヒーを
常備する冬が待ち遠しい〜^^

近頃、旅に出たり村祭りの御接待だったり
イベントの準備に連日家を出ていたので
家にいる事が少なくなっていたら
やられちゃいました・・・





植木をごっそり掘り起こされている(==)
犯人は、番犬カイサン。
久々の犯行(笑)・・近頃カイサンと
マッタリしていなかったからかな〜と反省しつつ
いつもなら叱るとすぐ耳を下げて反省するのに
この日は寝たふりを(笑)
「寝たふりしてもアカンっっ」
と怒りながらも、笑い堪えるの辛くって^^;
歳取るとスネやすくなるのは犬も同じなのですね。





そして、どれだけ忙しくても
時間をみつけてイカ釣りに出かけるQちゃんと次男。
今年はあんまり釣れないそうだけど
この日は大興奮で帰って来たかと思ったら
Qちゃんの白いシャツがイカ墨だらけっっ怒る
次男が釣った
640gほどある大物アオリイカが吐いた墨
いつも先に大物釣るのは次男。
負けじと、後から同じようなサイズの釣ってましたけど
「シャツよりイカかっ怒る
って怒っても、ぜんぜん聞いてないしふふっ。
いくつになっても子供みたい・・
でも、子供みたいに夢中になれることが
実は羨ましいのですけどもね照れる





重なる時は重なるものでして
この日は秋の味覚をもう一つ^^
隣の伸さんがくれた栗
しかもすべて下処理済み♪
「辛いぐらいとぎ汁に、塩効かさなアカンで!」
のとおりに栗ご飯を炊くと・・ほっこり完璧!
いつも母親のようにいろんなことを
教わっている私ですが・・・
もうひと品は初挑戦のモツ煮込み
呑気な性格しているくせに
昔から授業とか講習とか教室とか
学ぶ事に関して、集中して学べない性格でして
【我】が強すぎるからなのですがはなくそ
ど〜しても、あの柔らかくて美味しい
モツ煮込みが食べたかったので
ネットで調べたレシピどおりに作ってみました。





すると本当に柔らかく旨味たっぷりの
モツ煮込みが完成したではあ〜りませんかっ!
私もカイサンのこと怒れません・・
歳取るごとほど、素直にならなきゃいけませんね(笑)

素直と言えば!我が夫Qちゃん。
愛媛県産の小麦ミナミノカオリで
「100%のブレッドが有ってもいいかもよ」
の一言で、早速焼いてみせる。
とても軽〜い食感ですが
これはこれで好む人多いかもむっつりです。

人生素直にまいりましょう!

paysan facebook
http://www.facebook.com/paysan2007
 
 

家ご飯 16:56 -
ピストロ ペイザン

息子達が私の誕生日プレゼントに
ディナーを作ってくれてから、ひと月ちょい。
次は4月末に15歳になった長男の誕生日に
私がコース料理を作る番がきました。
自分以外の誕生日に食事とケーキを作ってくれるという家族行事。
作ってしまった張本人(私)なのだから仕方が無い
「目標はお母さん!」
と、息子に言われては本気で挑まねばなりません。
すぐにも追い越されそうな勢いだけど






トマトスープ
野菜の煮汁だけの
うま味たっぷりスープ。
ギリシャ産フェタチーズが
アクセント。












カイにも
たまらなくいい匂い

「僕のもあるかな♪」


さてさて困りました。
どれだけ珍しい物を作ったところで
息子の好みで無いかどうかは母親の私がよく知っている。
自分の実力を見せつけることよりも
やっぱり幸せそうに食べる笑顔が見たいので
確実に好みのものを作ることにしました。
ただフォアグラだけは食べてみたいと、以前より聞いていたので
こっそりネットでお取り寄せして・・・と。




アボカドマリネ
マグロとプチトマトを
アボカド入りの
フレンチドレッシング
であえて。


鯛のハーブソテー
島産天然鯛!
ホンマ美味いっす。

献立を考えると・・・
いかに、普段手抜き料理をしているかを思い知らされてしまうほど
ちゃんと作っていないことに気づく
そして直ぐ早、気を取り直して心を込め直し
私お得意の!素材の良さに委ねたシンプル料理で勝負するしかない。
(結局のところ・・・^^;)









フォアグラ和牛ステーキ
玉ねぎとニンニクをすりおろした
和風ソースにて。
付け合わせにマッシュポテトと
エンドウ豆のソテーを添えて。




そして今回は、メインまでが私作で
父親も負けてられないと!急遽参加!!
息子のトマトソースパスタに対抗して
彼は卵と生クリームたっぷりのカルボナーラを。
おぉ〜〜!!始めて作ったとは思えないほど、めっちゃ美味しい
このパスタが出てくるまで 
「まったく腹の足しにもならん!」
と言っていた息子でしたが、皆の3倍ぐらいの量をペロリとたいらげご満悦
確かに、私達も若いころは、コースで少しずつ出てくることに
胃袋が待ちきれない不満足感を感じていたもの。
今では、少しずつしか食べてないのに、胃袋はヘビ〜でモタモタ
「歳とったな〜」
と夫婦が顔を見合わせ、なさげな顔。




カルボナーラ
我が鶏卵のコクマロパスタ。
黒胡椒たっぷりがポイント!
本格的に美味しい!お父ちゃんのメンツ保てたね

いやはやっ。
いろいろと、今更ながら初心に返ることとなったこの度の食卓。
息子のように楽しみながら料理を作るってこと
すっかり忘れてしまっていたけど
作ることで相手への思いやりが示されてしまうんだと実感でした。

息子達は幸せそうに完食し、大満足していたけれど
さらに闘志を燃やし、次は8月の父への誕生日に挑む。
いつかヨーロッパへ食べ歩きしたいと意欲は募り
その夢に便乗して私はまた将来図への妄想がはじまる。

   ↓    ↓    ↓

遠い将来、一人前になって帰ってきた息子が
ビストロペイザンと名前を改め開業。
そのころすっかり腰が曲って老いた父は
「パン焼きだけはゆずらん!」 と
手や顔を震わせながら、一つのパンを窯で焼き
頑固爺さん幻のパンとなる。
そして わ・た・し は!!!






イチゴデコケーキ
やっぱり外せない
家族皆が大好きな苺ケーキ。
次男の腕前
美味しく出来て当たり前?!
になってきました


マダムユウコ として店全体を取り仕切り
どてっとレジの前に座って従業員を指図する・・・柿ピーとコーヒー飲みながらね!
(何故か私は老いぼれていないことが前提

夫が、
「妄想するのは自由やけど
椅子に座れないほどパンパンに肥ったお前なことは絶対確かやな!」 
・・・・・・・・・・・・・ だって 

家ご飯 21:57 -
yuko my love!




東北の地震により流通がストップしておりました
岩手県産の小麦粉が流通を再開しました!
思ったよりも早い再開で本当によかった。
そして、それまで代用していました愛媛県産の小麦粉、ミナミノカオリ。
ふくらみの違い、お気づきになりましたか??
少し軽くなり、これがなかなか元気にふくらんでくれる小麦でして
地産地商ということで、このまま使い分け使用していきたいと思います。
今後ともどうぞ宜しくお願い致します。


            


いよいよ当店にとって、もっとも賑う季節がやってまいりました。
室内の席より、外の席数の方が多いので
これからの時期にホント救われます^^;
(雨だとたちまち困りますが)











珍しいお客様
ヤギのシナモン君
パパさんのお膝の上で
お腹にため込んであった草を
口に戻しムシャムシャとお食事。
いっちょ前に生えてきたばかりの
黒い角がキュートです

今のところお天気に恵まれ
ほのかに香る潮風が流れる気持ちのいい時間
ゆっくりお茶を楽しむお客様方の光景が
私にとって二重の心地良さとなっています。
本当は厚かましくもお席をご一緒し、おしゃべりしたいところですが
「今働かんかったらいつ働くねん
と、Q太郎(夫)に突っ込まれますので
動作のトロイ私ですが、気持ちはフル回転で頑張っています


そしてそんな営業日には、昼食も作る暇が無いので
息子達が仕方無く勝手に作って食べていますが・・・
先日の息子がフルコース作った話題が、あまりの反響で
沢山の方々にお褒めのお言葉を頂き
息子達はさらにやる気満々になっとります!



「写真とらへんの〜〜〜??」
チャーハン作る長男はブログ出演にめっちゃその気だし
始めは子供の話題ばかりで、親バカ過ぎると遠慮していましたが
子供の話題になるとブログのアクセス数も2倍、3倍!!
しょっ、しょうがない!出演さしてあげましょう!
わ・た・し が教えた通り
冷蔵庫に有るものだけでチャーハン作ってるやん!?
(やっやばい美味し過ぎる・・・追い越されるのも時間の問題


・・・・・・・・・・・・・・・・・

ちきしょうっ
私だって目立っちゃうもんね〜〜〜だ。
↓ ↓ ↓ ↓



*夢に出てきても責任はもてませんから。

家ご飯 13:54 -
イカリを沈めて。



3月8日は私の三十うん回目の誕生日。
珍しく子供達が「何が欲しい?」と、聞いてきたので
「決まってるやん!上げ膳据え膳よぅ」と、即答しました。
すると、近頃料理とケーキ作りにハマっている子供達が
フルコースディナーを作ってくれると言うのです。
うぇ〜〜〜?!
確かにスジはいいと思ってるけど・・・
まだとてもレパートリーが限られているし、キッチンは戦場跡みたいだし
大丈夫かな〜〜??
しかも当日までメニューは内緒!?
ホントにホントに!大丈夫かな〜〜??
なんだか気が気で無い夜になりそうだけど
もうやる気満々で、ネットで調べまくってるし・・・・

毎年夫はメガネをプレゼントしてくれますが
しばらくメガネもいらないので
今回は子供達のサポーターに回るということで、まずはひと安心。

長男、大地(14歳)が料理全てを担当しました。






鯛のカルパッチョ
オリーブオイルの香りと
黒コショウが効いてて
よく冷えてるし
盛り方もセンス有るんじゃないの!?

席に着くと、なんと!一品ずつ出してくれるという。
あの食いしん坊で、部活が終わると真っ先に飛んで帰って来る息子が
自分は食べずに作ると言うのだから
相当な意気込みを感じます。

さすがに初めてのこと・・・(私もしたこと無いし)
間の待ち時間が長いこと!
キッチンでドッタン、バッタンと苦闘している音がするけど
私だけは見たらダメだっていうし^^;






サーモンのムニエル
バターが効いて
焼き加減もカリッカリでジューシーに!

しかし本当に楽しそうにエキサイトしている。
そもそもどうして料理に興味を持ちだしたのか・・・と振り返ると
それは昔から私たち一家は食べることが大好きで
また、家族で過ごす食事の時間も大切にしてきたっけ・・。
テレビをつけず、できる限り会話をすることに専念して
「食卓は楽しい時間」
ということを子供達に感じて貰いたかった。



私達夫婦が出会った十代の頃から
沢山美味しい物を食べさせてくれる恩師に恵れ
食を通して沢山のことを学び
その経験は味覚に反映され、知識では補えない財産となりました。
美味しいものに出会った時、その作り手さんと出会った時
あいまいな物事だらけの世の中に
いつでも美味しいものを作って待ってくれている作り手さんが
絶対的な信用と安心、愛情をも与えてくれることに
どれだけ生きる勇気を貰ったことかしれません。






牛フィレ和牛ステーキ
赤ワインソースがなんとも大人味!
私好みのミディアムレアに焼いてるし
ソースのかけ方がニク過ぎる!!
その焼き目、
ど〜やってつけたのか教えて。

そしていつの日か私達もそんな存在になりたいと願い
気が付けば、パン屋という作り手の仲間入りをしていました。
望んだ存在になれているかは別として、息子を持つ親となってから
子に望むことはただひとつ・・・
どんな世の中が来ようとも、どんな惨事に出くわしても
逆境に負けず強く生きぬく大人になって欲しいということ。








ツナとトマトのパスタ
私が始めに伝授したトマトソース。
私が作るより美味しいのはナゼ??
麺もちょ〜アルデンテ!!

「ボ〜ノ!」








大きなイカリを沈め、
大波がきて振り回されることが有ろうとも
障害物に大きく傷つくことが有ろうとも
かならず沈めたイカリからは動かない
そんなどっしりと重いイカリの持ち主になって!
と、この度の大災害の話題になる度に
ついつい、しつこく親の願望を話してしまいますが
子供って親が思う以上にたくましく
敏感に物事を感じて生きているんですよね。



かつて、本物の人物が作った、本物の料理を食べ
理屈で無い感動を受けた十代。
言葉でもない、知識でも無い、理屈でも無い感動的な確信。

よし!
そうとくれば、これからも沢山美味しい物食べまくるぞ〜〜〜!!
あっ、私じゃなくて息子達がね^^;

我が家のパテシエは次男 陽介(13歳)担当!






イチゴのデコケーキ
毎週末
いろんなケーキを焼いていた次男。
この度リクエストした
たっぷり苺のデコレーション。
二段層の中にもたっぷりの苺で
ふんわりきめ細かいスポンジ!!
マジ、凄すぎる・・・。


今回でさらに自身を付けた息子達。
自分の誕生日以外はこれからもフルコース料理を作ってくれるとか!
しかし早くもこの4月末には長男の誕生日。
「僕の時はお母さんがフルコース料理作って!」
あちゃ〜〜〜っ、、、言われてしもた・・・
自信はもちろん!
・・・・・・・ ナッスィングです

家ご飯 23:39 -
釣りキチ親子

急に寒くなり冬らしくなってまいりました。
秋からイカ釣りに夢中になっていた我が男性軍
夫と次男はイカ釣り
長男は遅れをとって太刀魚釣りに。


祝720gのイカget!!

親子とはゆえ、やっぱり男
大きさや数を競っては楽しんでおります。
先にイカ釣りの大きさ新記録を出したのが次男
通常200gが妥当のところが、その日はなんと720g!!
なんせ引きがスゴイらしく止められない面白さだとか。
大きいので味も大ぶりなのかと思ったら
なんと!大きいほど肉厚がもっちりした食感を生み、これまた甘く
めちゃくちゃ美味でございます❤
息子が大興奮の中、父親らしく息子を褒めてあげていましたが
内心悔しくてしょうがない^^;
その後、通い詰め800g以上のイカを何度も釣って
父親の意地を見せつけておりました



太刀魚釣りは長男にお任せ!
って言いたいところでしたが、彼は部活に忙しく
大会を控えていることが多かったため自粛。
兄に変わって次男が
今度は旬のイカからスズキに切り替え初チャレンジ!
自分のお小遣いで高いルアーを買って生き込んでおります。
しかしそうスズキさんもフェイントにはだまされませぬ

その代わり なんと!
太刀魚が3匹も釣れたのです。
しかもそこそこの太さ(グラム)で!



もちろんその引きの強さはイカ以上!
またもやハマってしまった次男。
太刀魚の食べ方は、煮つけ、塩焼き、てんぷら、フライ
なんでも合いますが、お刺身もまた絶品なのです。
新鮮で無ければ食べれないもの
私もまだ、お刺身にはうまくさばけないので
    唯一さばける夫が留守だし
塩焼きにでもと刺身はあきらめておりましたが
長男がさばいてくれるというのです!
いつの間に覚えたのか???
またしても急速な我が子の成長ぶりにビックリさせられます。
しかも 「この包丁全然切れへん」 と私に指摘、というか注意。


ど〜もすんません・・・磨いときます。

トホホ・・・・



 ところで部屋 まぁだ?

家ご飯 23:24 -
イワシの弔いするだろ〜♪
大島ではイワシとアジの大群が到来です魚
どこのポイントでも入れ食い状態
(針を落とすとすぐ釣れること)
だそうでして・・・
毎年、家族で釣りまくるのですが
今年は今だ実現できずポロリ


でも、我が家にはお隣の伸ちゃんがいるので魚に事欠かず❤
この日も小アジをスピーディーにさばき
半身が一口大のお刺身にして持ってきてくれました。
釣ったばかりのをさばいてくれるので
プリプリ!コシコシの甘〜く脂ののった
アジ刺しが食べれるのですモグモグ
マリネやカルパッチョ、ハーブでソテー、唐揚げにフライets...

しかし、ある意味罪つくり・・・
舌が肥えすぎて外食したときそれ以上がなくて困ります。
子供達が成人し、家を出てから
故郷の豊かな幸を思い知るんだろうな〜

そっか!
それも帰ってこさす戦略になるんだわひらめき


家ご飯 23:02 -
なまけもの飯
仕事や家事で追われる忙しい合間の食事
お腹さえすかなければ、作らなくてすむのに。
そしてダイエットにもなるのに〜。

そうはやっぱりいかず・・・
どれだけ忙しくても、きっちりお腹がすくし
何食べようかと、楽しみに考えている自分がいる悲しい

この日の昼食は、
ご飯も炊いてなく・・・
麺類もなく・・・
忙しいので作る時間がおしい。


冷蔵庫の奥で見つけたクルミバタール
頂き物のフランス産カマンベール(激ウマです)が1/8かけ。
これまたちょろっと残っていた
自家製スナックエンドウと鶏肉セセリのカレーソテー
とりあえずなんでものせてトースト!

おぉ〜〜
なかなか贅沢な美味しさモグモグ
よくお客さんに我が家のパンを
楽しんで食べてる様子を教えて頂きますが
ホント!
楽しまないともったいないことを実感。

「こういうことを楽しみたくってこの暮らししてるんよね!?」

と、夫婦顔を見合わせたのでしたニョロ



家ご飯 22:15 -
夏本番!
今年も強烈に暑い夏がやってまいりました汗
温暖化の影響で年々気温が高くなるこの頃・・・
我が家はこの家に越してきて以来
エアコンはあえて付けてこずにきました。

神戸での生活では「クーラー無しでは生きていけない!」
ぐらいでしたが、せっかくの田舎暮らしなので
環境面、健康面、経済的なことを考えてのことでした。
なので、我が家では屋根の照り返しで一番暑くなる昼下がり
たまらなくなると、裏のビーチに飛び込みに行く訳なんです。


これは水死体ではありません。
汗だくの体を冷やすため浮いているのですたらーっ
この日は家族そうでで、いつもの薪運びや畑仕事をしたので
汗だく、バテバテになり海へ直行!
けして...白いワンピースに日傘をさして!などという
優雅な現実は無く、作業服の長袖長ズボン
しかも汗ダクで浸かるのです汗
今日は足だけ...と思っていたら、子供たちが許してくれる訳がなく
水をかけられまくり、結局服ごと浸かりプカプカと
温泉に浸かるように浮いておりました温泉

我子達はやはり海の子。
学校の水泳部やらスイミングスクール通いで
全身真っ黒です。


そして今年は珍しく夏野菜が豊富に採れ出したので
お肉はほどほどに、夕食は自家製野菜のオンパレードとなりました。赤い旗

いんげんのてんぷら
ズッキーニのバターソテー
揚げ茄子の南蛮漬け
ふかしたとうもろこし


お金では買えない贅沢感と満足感を感じつつ、
男どもはランニングにパンツ一丁姿で
扇風機フル回転で夕食を楽しんだのでした。


家ご飯 22:36 -