welcome to home
<< 互いの縄張り | main | ケンカして絆深まる >>
地を愛す

 


紅葉シーズンのこの時期
毎年どこかへ紅葉狩りに行きたいと思うものの
何かと忙しくいつも叶わずじまい。
そしてこの度もやっぱりタイミングを逃す
なので今年もカイサンに誘われて
我が家の庭で紅葉狩りを^^






しかしながら
正に今が紅葉のピークを迎えている
わが家の庭にも、家をおおいかぶさる勢いの
2本の大きな紅葉は、なかなか見応えあります^^
島に移住してきた時
この紅葉に「もしや・・・♪」と
秋を待ち、期待以上に紅葉したもみじ
あの時の喜びは今でも覚えています





その紅葉を眺めれるのも13年目
時が過ぎるのが、年々早く感じますが
毎年裏切られることなく
春には芽吹き、夏には青々と茂り
暑い夏の日差しを避けてくれて
そして秋には真っ赤に染まり
あっという間に散らして、寒い冬に陽を射す
わが家の紅葉はもう、家族同様の存在。
今まで定住したことが無かった私にとって
始めて芽生えた土地への愛着
こんな気持ちなのですね。





昨日(木曜営業日)届いた待望の本
春に一人、取材に訪れた著者 池田浩明さん。
ヒョロリと長身の、穏やかで無口な風ぼうは
今までいろんなライターさんとお会いしましたが
まったくどのタイプとも違う
まさに『作家』という言葉が相応しい方でした。
その言葉どおり、刷り上がってきた
全国各地のパンを巡る旅本は
まるで小説を読んでるかのよう!

かっこよく、それらしく、キレイに
まとめられた感じがまったく無い
武骨とも言えるその文章は
どれも現実的で、楽しくて、温かくも刺激的で!
我が人生の話にも、じんわりと
込み上げてくる感動がありました。
見てくれてる人はいるのですね

なかなか出会えない本だと思います
ぜひページをペラリと、めくってみて下さい。
引き込まれること間違いなしですよ!





パン欲
池田浩明 著

一生に一度は体験したい極上の味!
 聖地と呼ばれるパン屋を巡る旅
パン好きのバイブル「パンラボ」で知られる
池田浩明氏の最新刊。
人生がぎゅっと詰まった上質な旅エッセイ
<世界文化社記述より>


paysan facebook
http://www.facebook.com/paysan2007

掲載本 17:06 -