welcome to home
<< 再び巣立ち | main | 目が回る春 >>
ちりばめられた記憶
喫茶ペイザン
新装開店のお知らせ


ゴールデンウィークより
リニューアル特別営業にて
喫茶ペイザンを開店いたします。






ゴールデンウィーク後より
営業日変更のお知らせもあります。
これまでの
週2日の営業 週3日の営業
となりますが
中日の土曜日は喫茶のみの営業とします。

詳しくは上記カレンダーのとおりです
どうぞ宜しくお願いいたします。

(尚、4月の営業は通常通り木・土曜日です)





植物を育てていると
季節の移り変わりがリアルに
感じることが出来ますが
同時に小さな思い出も沢山蘇ってきます。
そして何時からか写真に収めるようになって
去年、一昨年の写真と見比べては
ニヤニヤとカメラ女子ならぬ
カメラおばさんしています^^
やはり春は色彩が豊かで
それだけで気持ちが前向きになれますね!









例えば去年のチューリップが
咲いたころには
長男が大学の寮生活を始めたばかりで
まず必要な電化製品が
自炊するための昼食用に
トースターとコーヒーメーカー(笑)
再々パンを送ったことを
思い出します。





去年と比べてやたらと多く
群生している今年のタンポポに
まだ幼かった子供たちが
タンポポの種を口をとがらして
フーフー、と言うより
ブーブー吹いて、顔を赤くし
飛ばしていた笑顔を思い出し^^









次男と主人が必死になって
原木に椎茸の菌を埋め込んだのに
何年経っても生えてこないので
大きくなった息子も忘れるほど。
半分捨てたような状態で放置していたら
椎茸が今ではポコポコと
採っても採っても生えてきて
お店でもピクルスやマリネに
大活躍しています!



http://www.q-paysan.com/shop/pindex.html


そしてpaysanの春と言えば
よもぎパンです!
よもぎファンの皆さま
大変お待たせしました
今年も4月よりお馴染のよもぎパン
いろいろたっぷり焼いております!
初めての方も是非お試し頂きたいです。





朝から雨降るある日の朝食
トーストしたよもぎブレッドを
かじりながら気づきました
今年はお花見をしていないということ。
少し歩けばいたる所で
満開を迎えている桜なのに
そんな余裕も無かった自分に
ショック …
汗





喫茶作りの最中
窓から目に飛び込んできた桜を見て
慌てて駐車所の桜を見に出ると調度満開!
お弁当食べる事は無かったけれど
十分癒してもらいました。





そして桜の思い出もいろいろ。
一番の思い出は
今は亡き私の母がピクニック好きで
冷蔵庫のものをかき集めて作った
茶色いお弁当を持って(笑)
末っ子の幼かった私を連れて
よく近くの公園で食べました。
そしてある桜の木の下で食べた時
お弁当の中に固くて苦い干したイワシが
入っていたことに無性に腹が立って
「なんでイワシやね〜〜ん」
と大泣きして母を
困らしたことを思い出します(笑)





でもそんな母の影響が
今になっていろんなところで
出てきている事に気づいたこの頃。
父が病気で入院生活が長かった幼少時代
母と子供6人の貧しい生活の中で
いろんな知恵が記憶の中に
ちりばめられていました。
あの時は恥じることばかりでしたけど
今となっては自ら不自由な生活を
好んで生きてます(笑)





食材を作って調理して
食卓を囲めること。
壁を一面作ることで
雨風が凌げるということ。
暗闇の中に明かりが灯せたこと。
全てが当たり前のことなのですが
私にとってはそんな事が
全て喜びになります。
そしてまたその自ら作ったもが
人に食べて貰えて、お金にもなって!
もう奇跡としか言えません 大泣き

今では超!楽天的だった
オカンのDNAに感謝しています。





そして家を出て
フリーターとなった次男から
本命のお仕事に採用されたと
嬉しい声が届きました。
また前向きな経過を
皆さまにご報告できる日を
切に!願っております(笑)



paysan facebook
http://www.facebook.com/paysan2007

Instagram
喫茶ペイザンが出来るまで 23:07 -