welcome to home
<< 呆丹窯作陶展 | main | 太い娘 >>
満月の夜に

 

8月の営業日

 

毎週金・土・日曜日 11:00-17:00

パン販売と喫茶営業は金曜日と日曜日

土曜日は喫茶のみの営業となります。

 

 

 

 

猛暑のお盆営業

連日沢山のお客さまで賑わい

とてもとても暑い中にもかかわらず

本当に感謝感激の営業でありました。

しかし本当はせっかくのお盆

特別に営業日を増やしたかったのですが

まさかの孫が予想より遥かに早い

出産を迎えそうだったのです。

 

 

 

 

満月のその日

予定日より2週間以上も早く

2726gの小さな女の子が誕生しました。

普通分娩を望み、その時が来たら

普通に出産出来るものだと

誰もが思っていた逆里帰り出産。

 

私が長男を産んだのが23歳

ちょーーー!安産の

1時間もきばっていない(笑)

スピード出産で

次男に限っては寝ていた主治医が

起きてこないと出せない決まり💦

とか言われるぐらい早すぎました。

そんなふうに誰もが

普通に産まれてくるもんだと

思いこんでいた私が甘かった💦

 

 

 

 

東京の病院から紹介状を貰って

今治の個人病院へ

そこから始まった病院ハシゴ(笑)

立ち仕事の影響から発症した

静脈瘤の血栓が有ることから

県病院での出産を進められ

そこでまた発覚したお嫁さんの

心臓に小さな穴が開いていた!?

そしてそこから更に大きな大学病院へ。

精密検査を何度も繰り返し

結果的には、血栓も心臓の穴も

大きなリスクにはならないと判断され

結局我が家に近い県病院へと逆戻り(笑)

先生方の結束の元、帝王切開にて

無事出産いたしました。

 

 

 

 

出産に至るまでの間に

息子と同じ飲食での勤めが長いお嫁さん

炊事をお手伝いしてくれて

彼女が作る家庭料理は

本当にどれも美味しくて^^

息子が胃袋つかまれたのも分かるな〜って。

しかしその間、病院で急展開を迎えていた

怒涛の一週間ちょい。

流石に彼女のメンタルはボロボロ

それを察した息子も急遽帰り

結果的には安心して

出産日を迎えることが出来ました。

 

出産までに血栓が出来無いよう

皮下注射を処方されたはいいけど

「自分でなんかとてもじゃないけど

お母さん打てませ〜〜ん💦」

と言う彼女に変わってまさかの私が

一日二回の注射を打つ事になった時は

「い、いつか漫画にして笑ってやる」

と言いながら心臓バクバクで

注射してたこと(笑)

早くも思い出話になって

本当に良かったと思ってます(TT)

 

 

 

 

 

入院中のお嫁さんに変わって

息子が家事手伝い。

彼の作る食事は更に進化を遂げ

冷蔵庫のある食材だけで

ちゃちゃーっと作ってくれて

毎日が誕生日会のよう。

どれもこれも美味しい料理を食べながら

また東京へ戻って行く息子に

なんだか同情してしまう日々。

まだまだ武者修行中と

互いに言い続けていたけれど

これだけ美味しいもの作れたら

もう十分じゃないのかと・・??

早くも私達の出番が

きたかもしれません^^

 

 

 

石窯焼きベイクドチーズケーキ

HPでも喫茶でも大人気です!

 

 

 

* * *

 

 

paysan

open 金曜日〜日曜日

11:00−17:00

愛媛県今治市吉海町本庄477

tei & fax 0897‐84‐4016

info@q-paysan.com

パンのご注文は paysan HP から

facebook & instagram

 

 

 

 

 

 

家族 00:38 -