welcome to home
春はいろいろ

 


春はpaysanのパンにとって
最も酵母が元気になる季節
湿度と気温と職人の気持ちが
いい塩梅に交わるんでしょうかね!
職人Qがあらゆる場面で踊ってる姿が見られるのも
この時期です・・よっぽど嬉しいようで





そして3月と言えばホワイトデーですが
毎年バレンタインに二人の息子達は
『義理チョコ』を沢山もらってきます。
今は友チョコどころか、異性からも貰ったりして
フレンドリーなのはとても喜ばしい事なんだけど
もし、その中に本命が有っても分からない
私達の頃は、義理と言われても
照れ隠しとかで怪しいものだったけどな〜
まっ、よ〜するに!
来年からは自分たちでお返しどうにかしなさいよっ
って話です!返すの大変過ぎ




それはさておき、皆さま!ご存知でしたか?
大三島にある今は休業中のカフェ・ルフージュが
 Rufuge _entrepot (アントルポ)
 倉庫と言う名の焼菓子店を駐車場横の小さな倉庫にて
オープンしているのです!

Rufugeこと山田ファミリーとは
Rufugeとpaysanは、同じ年に開業し
その開業日に出会って以来の友人です。
そのころの記事いろいろ→ Rufuge story

 先日遊びに行ったら丁度仕込終了後。
「もうすぐ誕生日だよね」
と、焼き菓子にニクイ演出をして待っていてくれる。
そ〜なんですよね・・ ご存知の方も多いでしょうけど
彼女の作るお菓子は優しい思いが詰まった
どれも真心たっぷりで、めちゃウマです。
 paysanの前に?帰りに?(笑)
また昔のようにぜひ、梯子してくださいね!
 
そして!
今年秋ごろには cafe Rufuge も再開予定なんですよ!!
楽しみですね♪
 



Rufuge _entrepot
(アントルポ)
愛媛県今治市上浦町瀬戸2752
0897‐87‐3730
open
毎週土曜日11:00‐16:00
http://caferufuge.michikusa.jp/index.htm


***


paysan facebook
http://www.facebook.com/paysan2007
仲間たち 21:51 -
しばしお別れ

paysanを開業したのが約4年前
はじめての新聞掲載が決まり
いっしょに載るCaféが大三島に有ると聞いた次の日
初営業日だと知り、早速一家で訪れたのが
Café Rufuge でした。
月に1日だけの古民家Caféと聞けば、そそられない訳が無い!
それと同時に、会う前から同じ匂いを感じていたのです。



あれから4年、Rufugeの山田家とは
ほぼ同時進行で互いに自営業を営み
大三島と大島で、決まって情報誌に並んで載るようになり
互いの人脈からできた仲間達とのひろがりで、イベントをしたり
数え切れないほどの、楽しい集いをかさねてまいりました。

永遠に続けばいいのに・・・

と、思える瞬間は、幸福を感じている時。
けれど、永遠に続くものなど無いことも、うすうす知っているけれど
知らないことにして日々を過ごしていたいものなのです。


フォトフレーム   山田幸一郎 作


やはり、別れの時が来ました。
Rufugeのご主人、タロウちゃん(幸一郎)は、アイアン作家。
身近に彼の感性に触れてきた私達
彼に訪れたチャンス到来は、予想外に早かったけれど
タロウちゃんの才能なら、当然のことだとわかっていましたが・・・

まさか彼が以前より尊敬してやまない
鉄の造形作家 松岡信夫氏の元へ行くなどと、だれが想定したでしょう!!
「縁」というものの仕組みを、頭で解釈したくても、解けることではないけれど
良くできたつながりの糸に、奇跡を感じずにはいられない。

共に歩んできた兄弟のような存在だった山田家だけに
寂しさは隠せない
でも着実に夢をはぐくむ彼らを、これからも見られることが、とても嬉しい。
また、どんなかたちにせよ、バージョンアップした山田家が
しまなみに帰ってくることを、今から「縁の糸」をつむいで待つとしましょう。
しばしのお別れ…・・
素直で前向きで人情の厚い ふたりならきっと大丈夫
新天地でもかんばって!!

仲間たち 23:35 -
女の子達で

先日、いろいろな用事を済ませるため、久々に大三島へ渡りました。
大三島に一人で訪れるのは、去年の10月
パンの移動販売を終了して以来。
せっかく行くのですから友人宅へ寄り道
ならば「ランチをご一緒に!」というご厚意にあまえ
友人が営む Café Rufuge 
女の子(と呼ばせて)だけが集まってのランチタイムとなりました。
さて、いつものようにランチの支度をしながらおしゃべり。
これまたいつものように冷蔵庫から欲しいものを取ろうと開けた瞬間

「なんで、なんでっ私が取るから言って

と焦った様子で冷蔵庫を慌てて閉める香織ちゃん。

「えぇ!なんで今更線ひく?

と思わず私・・・・・・・
はは〜〜〜ん。わかっちゃったもんね〜



そういえば前に、誕生日がいつか聞かれたっけ。
それにとても律儀で優しい香織ちゃんのこと
この日が偶然にも私の誕生日だってこと、あえて黙っていたのにさすがです。
急な訪問に、慌てて早朝から焼いてくれたbirthday cake!
冷蔵庫の隅にひっそり隠してあったのにあっさりとばらしちゃって、ごめん
でも、あの焦り方じゃぁバレちゃうけどね〜

「はい!ロウソクに火を灯して歌うよ〜。
写真撮るからピースして〜」



まっまじですか・・・いい歳こいてるのに恥ずかしいんですけど
といいながら、ポーズとる私も私か。

心温まる誕生日
まさか祝ってもらえるなんて思いもよらず
今までに経験のない皆の優しさの詰まったmy birthday
私は幸せものです・・本当にありがとう。

ちなみに・・・ローソク4本に意味は無し
まだギリギリ30代でっす。

仲間たち 22:27 -
birthday party !

8月は夫 Q の誕生日。
いつもお盆の真っ只中なため
どこかへ出かけているか、宿泊客がいるかで
サラ〜〜〜っと祝うのを忘れられている。

子供達が小さい頃は
必ず夫婦のどちらかがケーキを焼き
身近な友人を招いてお誕生日会をしてきたものですが
近頃、子供達の要望にあまえ家族デート。
映画やボーリングなど、外食をしてサボっておりました。

今回こそは夫の誕生日を流してはいけないとっ、
彼が大好きな cafe Rufuge のデコレーションケーキを注文ケーキ2
プロかお負けのふわっふわのスポンジに濃厚なクリーム!
家族中が大好きな絶品ケーキモグモグ
長男が「僕の時は五段ぐらいの作って!!」
と早注文・・・五段は結婚する時にして欲しいけど。
久々に私も気合いを入れて手料理をディナー

ローソクに火をともし照明を消して・・・
手拍子と共に皆で歌を歌う。
いい年こいた大人の誕生日会ですが
みんなの顔と声が一番近く見つめ合える唯一の時間。
とても・・とても・・大切な家族の時間だと痛感いたしました。
あと何回、こんな時間を過ごせるのかな〜〜ポロリ
今度からがんばろ。
家族 23:24 -
作業開始!!
いつも始めるのが遅い畑仕事汗
やっと私の重い腰も上がり
ほったらかしの畑を耕すところから開始。

と、その前に・・・
これまたほったらかしにしすぎた鶏小屋。
最近友人も鶏を飼い始め、
その手作り小屋のカッコよく素敵なこと! down

cafe Rufugeのコッコハウス

感化された私。
それに比べ、とても中途半端な我が家の小屋は
あまりにもひど過ぎました冷や汗


もともと廃材だけで作った小屋。
つぎはぎだらけで、材木はもちろんのこと
トタンの破片や砂浜に打ち上がった流木で・・・
paysanの店頭も同じようなもの。
かえって廃材のほうが、私のやる気に火が付く変な癖。

重い腰も上がってしまえば超楽しい ♪
ついでに、コッコたちが放し飼いでいるためのサークル。
とにかくなんでも白に染め、ツギハギを楽しむ。
小屋の周りを花で囲もう…
小さな温室もあったら素敵!
ってな調子で、気持ちだけはエンドレス。

おっと・・付け加えなければ!
肝心な力仕事や技術的なところは全て夫の Q が。
この度もこき使ってますイヒヒ

それと忘れちゃいけません汗
畑仕事も頑張らなくてはGO!

・・・ちょっとは痩せるかしら!?

ひとりごと 22:05 -
いよいよ市場オープン!

(staff & Rufuge & paysan familyで看板作り。楽しかった〜)

いよいよ今週末!
クラフト市場が開催します。

4月26日日曜日
青山石工房(大島吉海町)
am10:00〜pm5:00


ここまで長かった〜〜〜〜(><;)
まずは、いつもの「しましまタイムズvol.3」に
クラフト市場の案内も含めているので、発行するのに悪戦苦闘。
まったくプロでない主婦4人のくせに
いつの間にか真剣にとりかかり過ぎて
最後には嫌われ覚悟で、辛い意見が飛び交うは
寝つく者もいる始末。
しかしこの度は、ぎっしりと出店者・掲載者・協賛社の
思いが詰まっているのですから当然でした。

詳しくはこちら ↓↓↓

そのかいあってか、
とても嬉しい感想を沢山頂いておりまして
すでに、タイムズを見たメディア関係者が
掲載者方々へ雑誌やTV出演の依頼へとつながるほどに!!
なんとも!なによりうれしい報告が続いているんです拍手

そしてその皆様たちが集結したクラフト市場。
今回で2度目となりますが
いきなりバージョンアップのビックイベントとなることでしょう。
沢山のアーティストの皆様に表現合戦をおまかせし
盛りたてて頂けることを期待しております。

ど〜〜ぞ!沢山のご来場お待ちしております。
そして、お天気に恵まれますように・・・

Shima2net事務局 デコポン
仲間たち 02:02 -
時が経つごとに。
時が経つのは早いもので、今年もあとわずか。
今年も沢山のご縁と共に、格別なお引き立てを頂き
誠にありがとうございました。


そして、今年も相変らぬ仲間たちの支えが
心身ともに活力と希望をあたえて頂きました。感謝です!

時が経つごとに歳も重ねてゆき
体の老いもリアルに感じる訳ですがポロリ
生きることに必死になっていく自分。
時代や環境の移り変わりに、子供達の成長の早さ...
より時間を無駄なく使いたいと焦ってしまいます。

とっ...
言うのが理想の言葉。
実際はよりボ〜っとする時間がひたすら欲しいだけです^^;

10代の頃、ひたすら途方に暮れたり
一日中好きなことだけをして過ごせた日々が懐かしい。

「こんなことしていられない」

と生きることに急ぐ今の自分に
来年はもうちょっと向き合ってみようかと思います。


今年12月25日のクリスマス
cafe Rufuge のデコレーションケーキを初注文。
おったまびっくりびっくり
本当にお勤めしたこと無いの??ってぐらい
プロ級の美味しさでした!

かおりちゃん
幸せな時間が過ごせました。
ごちそうさまでしたケーキ

家族 17:13 -
夏の終わりに。
夏休みの終わり・・・
香川県の直島へ
友人ファミリー(Rufuge)と共に
4泊5日の旅に行ってまいりました。


直島といえば子供達が一度は手にする「しまじろう」
で知られるベネッセコーポレーションがプロデュースする
数々のアート関連施設を持ち、今や著名人も渡る
アート島となっています。

話の始まりが今年の春にさかのぼり
paysanのお客様として
一人の女性が直島から訪れ、友達となりました。
ベネッセに勤める彼女から
「是非、直島へ!」の一言から
早速、直島旅行計画をたて実現させたのであります。
しかも、アート好きなRufuge familyと二家族で
一人暮らしの小さな部屋に二泊も転がり込んでイヒヒ


もちろん、節約貧乏旅行!!
兄弟からキャンピングカーを借りてテントもはりました。
天候にも恵まれ、直島に渡るまでは讃岐うどんや温泉を堪能し
子供達はなによりキャンプが楽しかった様子きのこグリーン

いや〜〜。一言・二言ではまとめられない盛り沢山のこの旅。
追々レポートしていこうと思いますのでラッキー
家族 11:08 -
cafe Rufuge 夕暮れLIVE !

毎週木曜日の正午
大三島にある cafe Rufuge で1時間ほど
パンを販売させて頂いております。
Rufuge と同時期に paysan も開業し
同じ愛媛新聞に掲載されたことがきっかけで出会った
山田一家とはその時以来、家族ぐるみでのお付き合い。
互いにスタートラインが同じってこともあって
これからの行く末は、互いのテーマでもあり
「あ〜でもない、こ〜でもない」
といいながら、いつも楽しくご飯食べてます。モグモグ

そして以前から「小さなライブなんかできたら楽しいね〜」
って言ってた矢先、デモテープ持ってRufugeへ訪れた
一人のシンガーソングライターさんが歌わせて下さいと!!

早速行って来ましたとも〜〜
Rufuge 初夕暮れライブへ!!


今村 信悟

1962年 今治市生まれ
1985年 渡米。ジャズギタリストの高内春彦氏、
     イネーズ・M・ジャクソンに師事。
1990年 帰国。1998年より全国各地へのライブツアー始める。
2000年 マキシシングル『輝き』をリリース



25名様限定のチケットもほぼ完売。
和の空間にふさわしく、しっとりとした歌声が響き渡り
オリジナルソングから、ビートルズ・カーペンターズets...
あっという間に1時間半の演奏が終わってしまいました。

いや〜よかった!
何がって、100年以上も経つ古民家で響き渡る演奏。
さまになるんですよね〜これがっ!かっちょよかったハート
我が家でも憧れるけど、あの狭さではどうしようも・・・
実現不可能です悲しい

Rufugeのご主人みずからもアイアンアーチスト。
これからも個展やライブ、さまざまなイベントに
この空間を利用してもらえたらと話しておりました。
そして、島々が若者で賑わう五感の楽しめる
しまなみにして行けたらと、この日もライブの余韻とともに
話が尽きない日となりました。


Rufuge の看板娘すずちゃんも、心地のよいBGMで
少し遅めのお昼寝となっちゃいました。
- 23:08 -
BRUTUS夢の共演
BURUTUSTRIP 2 (マガジンハウスムック)
BURUTUSTRIP 2 (マガジンハウスムック)
マガジンハウス

前回5月号のBRUTUSに掲載させて頂いたことがご縁で
この度28日発行のBRUTUS TRIPにも載せて頂きました。
年間4回発行のA3?サイズぐらいある大きめの雑誌。
始めて開いてみた時
「なんて贅沢で優雅な・・遊び心満載のやんちゃ本!」
てのがその時の印象で、paysanがどんなふうに載るのか
とても楽しみでした。
(ページ一面がガラ模様で終わったりイヒヒ)

プロオーラ漂う、絵に描いたようなかっちょいい、お2人の
取材班が来られ、とてもアバウトでいて
でも確実に、楽しんでお仕事をこなされておりました。
なによりカメラマンさんがシャッターを下ろすごとに
楽しんでいるキラキラした瞳が印象的だったな〜〜★
そして取材終了後
「次どこかおすすめのところありますか?」って。
えぇ〜〜そんなアバウトでいいんですか!?って思わず。
もっもちろん有りますともプシューっと言わんばかりに
テーマが瀬戸内海×しまなみ海道ってことだったので
我仲間たちを紹介しましたとも〜♪



大三島のcafe rufugeと農家民宿ベジベジ(有機農家)へ
「あのね〜今からそっちに取材いくよ〜」と突然連絡を・・・
おったまビックリびっくり慌てぶりが目に浮かんでおりましたが
こんな夢のような共演なかなか叶いませんもの!!

さて、待ちに待ったTRIPが届きましたメールブルー
「でっかく載るか、ちっちゃいか、どっちかです^^」
とライターさん。
写真一枚一枚は小さかったけれど
沢山の写真を使っていて、しかもTRIPらしく
ザックリと4コマチックで、可愛らしく載っておりましたよ!

しまなみ海道でもIターン・Uターンなどで移住される方たちが
急激に増えている様子。
新しい施設やリゾートなどはいりません・・・
ただただ、いつまでもこのままの美しく手付かずの
瀬戸内海であってもらえるならばと、切実に思います。
TRIPが取り上げたしまなみからも、そんなメッセージを
感じることができた1冊だったように思いました。


BRUTUS TRIP
watanabeさん・nakayamaさん
とても楽しい取材でした!ありがとうございました。

PS. nakayamaさ〜ん!この家族写真最っ高〜にお気に入り!
大きく引き伸ばしたの欲しいんですけど〜〜ラブラブ
仲間たち 00:35 -
クラフト市場開催!
昨年よりこの大島で情報誌を立ち上げた
「しましまタイムズ」
今年の春に vol.2 を発行しまして・・・
私はイラストと構成を担当しているのですが
今日「しましまネット主催のクラフト市場」を開催します。


「えぇ〜〜〜今お知らせですか???」

って思いの方が多いと思います・・・スミマセン^^;
今回もポスターや看板などの作成を担当しているのですが
この4月からcafeが始まりバタバタと汗汗
ほとんど人任せにしておりました。
さすがに1週間をきると状況が見えてきて
あわてて動き出したしだいです。

クラフト市場と名のごとく
プロからアマまで幅広いジャンルで
島々でアーティストが集いクラフト文化を
広げるためのこころみでもあります。
もちろん食べ物も出店がつのり
我がpaysanも「お試しパン」としてわずかですが販売します。

伯方島より・・知る人ぞ知るケーキ屋玉屋 のしましま限定ブリュレ
大三島より・・木曜日パンを販売させて頂いてる rufuge のスイーツ
      ・・越智農園よりオーガニックみかんジュース ets...

クラフトでは
paysanのピザ皿を焼いて頂いた大島在住
呆丹窯・陶芸家重松さんの作品や
アイアン作家Grassyさんの作品などなど・・・
他にアンティーク家具やパッチワーク作家のものなど
沢山出店されています。


のん気にかまえていた私汗
でもスタッフの努力のかいあって
とても素敵なイベントになりそうです!
今更ではありますが・・・・
お近くに来られることがございましたら
是非ともお立ち寄り下さいませ。

4/27(日) 10:00〜14:00
クラフト市場
会場:青山工房広場にて(大島吉海町BS前)



仲間たち 00:21 -
送別会・・・
愛媛新聞でお世話になって以来、すっかり友達になっている
支局長記者のオッちゃんがこの春より、松山へ移動が決まり
paysanの仲間達で送別会をしました。
オッちゃんは、さすが記者だけあっていつもカメラと携帯2個
首にさげて現れます。毎週パンを沢山購入しては友人に配って
宣伝してくれて、彼も我家で買たパンで昼食をとりながら、
あたりまえのように手伝わされ、すっかりpaysanのスタッフに
なっていました。

キンチョーからCMの依頼がきそうなぐらい「線香立て」をもら
って満面の笑みを浮べるオッちゃんですが、記者の仕事とくれば
楽しい取材ばかりでなく、今にも死にそうな顔をして現れた事も
あったっけ・・・
妻子を松山において単身赴任していたオッちゃんには次に待つ業務
がどうであれ、家族が待つ家に帰れる喜びはこの「笑み」を見れば
言うまでもありません^^
それにしても、我家としてはスタッフ・・いやいや!家族が1人居
なくなったような淋しさが残ります。私より1つ年上のオッちゃんに
「姉ちゃん!姉ちゃんあのねぇ・・」っていう声がもう、しばらく
聞けませんが今度は親子3人で遊びにきてくれる事を期待する
ことにします。
オッちゃん!お疲れ様でした・・・。

この線香立てはcafe Rufugeの太郎ちゃん作がプレゼントした
アイアンアート。この曲線は絶妙です!!

仲間たち 22:34 comments(2)
カフェルフージュ
昨年の秋頃・・・
愛媛新聞に一緒に掲載されることが縁で
お友達となったcafe Rufugeさん!
話を知るなり次の日が初openの日と聞き
さっそく訪ねたのです。
まず、「月1日だけの営業」というところに
たまらなくそそられました。
そして、訪ねてやっぱり!想像以上のツボに
入ってしまったQ一家・・・

築100年以上の古民家を自分達だけでリフォーム
してしまうのですから、驚きです!!
我が家は中途半端に古いので惜しげ無くやりたい
ほうだいでしたが、100年以上となると、
太い梁に本瓦・・・日本庭園ともなると中途半端
なセンスと技術では触れない、いじれないと思って
いたので、全てそれをクリアーしています。

心地よいジャズが流れ、太郎ちゃん(ご主人)
のお母様が焼かれた器がとても買いやすいお値段で
使用・販売されています。
やまかおちゃん焼くケーキやクッキーもプロキューの
美味しさ!
とても・・とても・・空間を大切にされていて、
自分達の無理が出ない程度にcafeとして提供する・・・
そのせいで、いつまでも居てしまう居心地の良さです^^

今年からは毎週木曜日も営業しています。
そして、うちが自休自足の話が来たと同時にルフージュさん
もまたカフェスイーツ掲載の話が!

何かと同時進行のRufugeとPaysan・・・
ただならぬ縁を感じる訳であります!

詳しくはpaysanリンクにて・・・







仲間たち 16:34 comments(6)
paysan移動販売

大三島・伯方島の皆様へ

3月29日より毎週木曜日
パンを移動販売しに参ります!パン

パンは今まで同様ペイザンホームページ内・他の
ものをご予約して頂き、菓子パンは当日販売で
お持ちいたします。

・水曜日の午前中までに予約受付

・販売場所 
   大三島 pm12:00 cafe Rufuge / pm1:00 美容室ism
   伯方島 pm 3:00 マチエール前
尚、3組以上のご注文でしたら指定場所へお持ち致します。

・ご注文の際、販売場所を教えて下さい。
 H.Pからのご注文でもお受けしますので、
 配達日時:のところに、販売場所を入力して下さい。

どうぞ・・よろしくお願い致します。自動車




paysanお知らせ 14:33 comments(2)